どんどん変化してきています

ダイバーシティやLGBT、レインボーカラーと、時代とともに性別に対する捉え方や受け入れ方って、どんどん変化してきていますね。

新聞でも自分が同性愛者であることに対し、昔は受け入れてもらうことができませんませんでした。

教育的立場である教師にも「気持ち悪いからなるんじゃないぞ。」と、言われた経験のある方のコラムを読みました。

日本では、ここ近年になって、公の場で性のあり方に触れる話題が増えてきました。

しかし、近隣国であるタイでは、もっと進歩していて性別に対し、このようなカテゴライズがあるそうです。

男性と女性の基本的な性をもとに、最近、公で認知されるようになってきた男性が好きな男性をゲイ。

女性が好きな女性はレズビアン。両性ともすきなバイセクシャル。

これに加えて、タイでは男性でも男性が好きな「男らしい男性」をゲイキング。

男性がすきな「女らしい男性」をゲイクイーン。

「男装をした女性」で、女性もしくは男っぽい女性や「男装した女性」が好きなトム。

男っぽい女性や女性、もしくは男装をした女性が好きなトム。

「女性になりたい男性」をオカマ。

トムが好きなオカマをアンジー、ゲイとオカマが好きな女性をチェリー。

などなど、ここには書ききれないほど細分化され、全体で18もの性がタイでは認識されているそうです。

少し細分化されすぎていて、自分の頭にはまだ相関図が理解しきれていません。

ですが、それだけの多様な性が、タイでは認めていられている、ということですよね。

ちなみに、私が知っているアンジーは、最近やって得したって喜んでいました。

そのコラムの方は最後には、「理解はしなくていいので、慣れてほしい」と綴っていました。

まだまだ日本では、偏見が多く公にならない、できない部分もある世の中だと思います。

ですが、自分が自分であることに苦しまない日が来ることを、わたしも願っています。

ちなみに、そんなセクシャリティな人たちも、ラボルテのスキンケアでお化粧をしたりするのでしょうか。

そして、ラボルテの口コミなども見たりするのか、ちょっと興味があります。

 

 

過言ではありません

炎症などの肌トラブルが起きると、シミの原因となるそうですね。

例として、外出時の日焼けがありますが、熱でヒリヒリしてしまうときは、違和感がなくても隠れダメージがお肌に起きているそうです。

そのため、美しい肌を創る方法とは、紫外線対策といっても過言ではありません。

なお、カビが心配な季節ですが、人の肌には常在菌というものがいます。

高温多湿な環境では、この菌も当然のように増えてしまいます。

マラセチア菌(真菌)がもととなる、いわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、体の様々なところに発症します。

一見、シミのように見える茶色いでん風ですが、色素が抜けたように白くなるでん風もあるそうです。

なので、これって肌のシミかも?と思ったら、皮膚科へ行って、医師に相談してみるといいですよ。

また、多くの女性の場合、老化が進むにつれて、肌のシミやシワといった悩みが生じてきます。

齢を取れば、誰にでもおこる自然な現象ですが、見た目からのイメージとしては、決して良いとは言い難いですよね。

とはいっても、お肌のお手入れをしっかりすれば、肌のシミやシワが改善する可能性は十分にあるそうです。

なので、毎日のスキンケアを怠らずに続けて、いつまでも若く美しいお肌を再び手に入れましょう。

40歳を過ぎてからのシミやシワ防止について、ベストの方法はどのような方法なのか、知りたいと思っている方が多いかも知れません。

リペアップ琥珀プラスの口コミによると、乾燥肌で日々過ごすと、それだけでシミやシワが増えると言われています。

肌の表皮は、日頃はバリア役として、肌の乾燥や刺激から守ってくれています。

しかし、年齢とともにその能力が落ちると、真皮にもダメージが届きやすくなり、肌の衰えが顕著になると、シミやシワが増えてくるのです。

つまり、肌の乾燥がシミやシワの原因のひとつなのです。

その場合は、クレンジング後にコットンに化粧水を含み込ませ、パッティングする方法が良いとされています。

しかし、回数をあまり重ねすぎると、かえって肌に負担がかかります。

なので、含ませる化粧水は適量にして、軽くパッティングする方法がお勧めです。

私が以前にやったシミ対策は、最初にビタミンC誘導体を使用し、加えてハイドロキノンも試してみました。

ですが、あまり満足のいく結果ではなく、今はネットで購入したシミ専用クリームのリペアップ琥珀プラスを使っています。

もっとも、最終的にシミを取り除く場合には、レーザー治療ということになるのかも知れませんね。